ブラジリアンワックスのメリットとデメリット

| コメント(0) | トラックバック(0)

ブラジリアンワックスは、デリケートゾーン(VIO)をワックスを使って脱毛する方法です。専用のワックスを脱毛したい部分に塗り、それが乾いたところで一気に剥がしてムダ毛を処理します。海外では以前から一般的となっているこの脱毛法ですが、最近、日本でも流行り始め、エステサロンや自宅で行う人が増えてきました。

ブラジリアンワックスのメリットは、カミソリやシェーバーなどの処理に比べ効果が持続するところです。1回の脱毛で、2〜3週間は効果があるとされています。また、剃毛処理に比べ、仕上がりもキレイに脱毛できます。この他、光脱毛よりも費用が安く済みます。

ただメリットがある反面、デメリットもあります。ブラジリアンワックスの一番のデメリットは、脱毛の時の痛みです。ブラジリアンワックスは、ワックスを乾かして一気に剥がす時に激痛が走ります。デリケートゾーンはただでさえ敏感な部分であるため、他の部分よりも痛みを感じやすいからです。

この他のデメリットとしては、肌トラブルが起こる可能性があるといった点です。特に自分で処理する場合に起こりやすいようです。自己処理で行う場合には、肌トラブルを避けるためにも、小さい箇所で試してみてから、本格的な処理を行うようにしましょう。初めての方は、専用のサロンで試しに処理してみるのをオススメします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cy-vogue.biz/mt/mt-tb.cgi/115

コメントする

このブログ記事について

このページは、mtさんが2015年9月25日 17:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「脱毛クリームを使用してみて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。